僕のこの仕事はまさに天職であると思っている。天が僕に与えてくれた才であると思って いる。働く事は、自らの才を使い汗を流し誰かを幸せにすることだ、、、

桃小龍伝説

一千のご家庭や店舗に桃小龍風をお届します read more →

デフォルメ・原点作品

人吉の自然の象徴として原点となった作品 read more →

空想・龍の館

運気を上げる空想の生き物たち read more →

水生。水遊館

水生の英二の世界 read more →

土と共に生きる

I live together with soil

「土 」のエネルギーに僕は生かされる、僕の手の中で土は「かたち」になり窯の火の中で土は「いのち」になる。

20年前に初めて作品展を開いた時から変わらずに僕の名刺のある言葉だ。

子供のころから生物が大好きだった。家にあった「スクール大百科事典」第三巻はボロボロになるまで飽きずながめ、めくっていた。
中でも大のお気に入りはオオサンショウウオのページだった。図書館の図鑑類からシートン動物記まで全て制覇した。さままな素材で動物を作った。
木片、スポンジ、針金、男の子ながら手芸部に入りぬいぐるみまで自作していたのだ。

陶芸を志した時は17歳だったが、初めはほんとに、茶碗や壷、鉢などを作るつもりでいたのだ、、ロクロも死に物狂いとまではいかないが、 そこそこに修行をして、ある程度はひけるようになったと思う。60cmオーバーの大鉢なども工芸展のために作ったりもする。

初めて京都で個展をやるおり、嬉野の野村淳二師匠に相談した。器と生物の半々くらいでいくつもりで、、と、
「おまえが思っている以上におまえの創る生物はいいぞ」それが師匠の言葉だった。

read more →

WORKS

山椒魚 三本足のシュールな形、
谷川に放せばすぐにでも歩き出しそう
桃小龍 桃をもった子供の龍が
心地よい運気を運びます。
逆転シーサー 仲のいい阿吽のしぃさあ
いつも逆立ちしています。
雷神坊と眠り龍 雲に乗り飛ぶが落ちてばかりで落ち込む雷神坊と..とリカバリーにへとへとに疲れた龍
座頭鯨型 飛行船 尾とヒレ、プロペラが可動するが飛ぶことはできない...
私牛になりました 子供のころばあちゃんが言うので、ほんとに牛になりたいと思いやってみた! 牛になれました!