記事の詳細

120124_1518~01.jpg
昨年、10月の京都個展のおり、初個展からのお客様から~
長男誕生のめでたい報せが届いた。
兎の年に生まれたこともあり、私はトカチェフ君をお祝いに差し上げた。
凜恩~リオンと名ずけられた、その男の子のためにライオンを作ってくれないか~
シーサーはNG!
私は凜恩君の守護神にふさわしい!
立派な獅子を作ってあげようと心に決めていた!
今日、完成したのだ。
私にとっても、記念すべき大作となった。
高さ50cmの堂々たる獅子だ。
普段の作り方ではなく、土の紐を一段一段と積み上げる、紐作りにて制作した~
一昨年の虎の年、宮崎の建設業組合長の引退記念に大虎を製作していたので~
必ずや上手くいくとは思っていたが~
鬣のボリュームをどう出すかがが課題だったのだ。
後付けでは、頭部が極端に重くなる~
内側から膨らませばながら、鬣のボリュームを全体的に造形し、所々を立体的に跳ねさせ、躍動感とワイルドさを表現してみた。
あとは無事に焼き上がることを祈るばかりだ。
焼きあがったら、天神御膳屋の大桃龍たちに匹敵する大作となるだろう!
作者としても~とてもとても楽しみだ。
ちょっと待て・・・・・・・・
京都まで、宅急便で、無事に送れるのだろうか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る