記事の詳細

111214_1147~01.jpg
JR大阪伊勢丹三越個展を終え、帰郷。
鹿児島空港から、そのまま陶芸教室へ。
伊勢丹三越に置いてきた、桃小龍達は瞬く間に売れたらしく。
追加で送って欲しいとのこと。
ありがたいことだ。
追加で送り出した。
ちょっと待てよ。
年末年始に売る桃小龍も桃若龍もないではないか?
伊勢丹三越で制作したぶんを焼いて・・・
それでも、足りないので・・
とりあえず、作った。
昨日までに作ったぶんをむりやり焼くしかない。
まだ、柔らかさの残る桃若龍を電気窯で80度にてあぶり、強制乾燥~
普段は、弟子たちに言ってきた。
人間の都合で陶器を作っちゃいかん!
土の都合が第一
何事も土と相談じゃ!
亡き師匠の言葉である。
ああ、私は背いてしまったわけだ。
だが、結果的には、無事に素焼きは完了した。
こんな事態は初めてだ。
恐るべし、辰年効果だ。
年末12月20日から26日まで、川口そごうにて職人展。
年始1月10日から16日まで、横浜そごう。
の予定だった。
のだ・・・・・
急きょ、決定。
なんと!
まさに年末年始ぶち抜きで!
12月28日から明けて1月4日まで!
池袋東武百貨店の年末年始大イベント、大職人展に参加決定!
20日から明けて16日まで、ぶっ通しのハードスケベジュールとなるわけだ~
そのまま、横浜そごうまで帰らずに東京で正月休み~
とも考えたのだが~
川口、池袋で製作した作品を仕上げ、焼かなくては、横浜そごうで並べるものがないのでは?
5日にいったんもどり、窯を焚くことにした。
はたして私に正月休みは・・・・・・・
ない。
世間よりちょっと遅くなるだけのことだ。
とにかく、今、目の前のやるべきことをやるだけだ。
頑張れ!
俺~
終わったら、温泉行こうな~
カニ食べ行こう~
球磨焼酎心月抱えてな~
その日を夢見て頑張る陶芸家であった~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る