記事の詳細

111113_1837~01.jpg
阪急うめだ個展終了後、大阪からもどり、鹿児島空港で姉と妹に合流~
迎えに来た嫁の車で人吉へもどると、小さく、冷たくなった母が待っていた。
5人の兄弟姉妹が揃うのは、父の33回忌以来だ。
仮通夜をすませ、翌日の通夜の送り出し、映画おくりびとのように、皆で旅立ちの支度、細く曲がってしまった母の足に足袋をはかせ、脚絆をまき、小さなポシェットに、母が大事にとっていた、古い紙幣を入れてあげた。
三途の川の渡し守の駄賃だとか。
通夜や葬儀には遠来の友人達を含め、たくさんの方々の参列、ご厚意をいただきました。
ありがとうございました。
葬儀のあと、母は小さなお骨となり、私の作った、お地蔵さんの骨壺に眠っている。
葬儀のおり、オカリナ奏者の弟の主催の音楽会の映像が流れた。
人吉ゆかりの旅愁が始まった時、映像の中の母に明らかな変化があった。
顔をくしゃくしゃにしながら、涙を流していた。
口を動きは、まさしく、歌おうとしているではないか!
母の痴呆はかなり進行しており、私が訪ね、呼びかけても、全く反応しなかった。
だが、この旅愁の歌には、心が動いている。
音楽というものには、そういう力があるのだ。
母は何も解らなかったのではなかった。
私がそう思いこんでいただけだったのだ。
枕元で一緒に歌ってあげればよかった・・
つくづく思う~
あの音楽会の日、弟が誘ってくれていた。
忙しさの中で、私は忘れてしまっていた。
ほんとうに大切なことを・・・
忙しい~という文字は心を亡くすと書く。
私は、忙しさの中で、心を亡くし、大切な母親まで亡くしてしまった。
それでも、今日も窯焚きの準備で、相変わらず忙しい。
これ以上、大切なものを亡くさないよう、何が大切なのかを、考えながら仕事をすることにしよう・・・
忙しい日々の中、母親の通夜も葬儀も努めることができたのは、母がきっと待っていてくれたのだ・・・
母さん、安らかに眠ってください・・・

関連記事

    • にいむらやすお
    • 2011年 11月 16日

    謹んで ご母堂様のご冥福をお祈り申し上げます。
     長良川の新村です。お名前を友人の中にみつけて、登録させていただきました。
     最初何かなと思いましたが、すてきな器ですね。お母様もさぞ、安らかなにお眠りと思います。

    • 迫田重光
    • 2011年 11月 17日

    金太郎さんへ
    お母さんが亡くなられた事、先日知りました。葬儀へ参加出来ず残念に思っています。
    金太郎さん手作りの骨壺で天国でご兄弟を温かく見守ってくれているはずです。
    心よりご冥福お祈りします。

    • べぇ~
    • 2011年 11月 18日

    先日、人吉新聞でお母様がお亡くなられた事を知りました。
    心よりご冥福を申し上げます。
    ブログを拝見致しましたが、お母様に対する思いと英二君の心境に私自身熱くなるものを感じました。
    これからは、お母様の事を思いながら作陶頑張って頂きたいと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る