記事の詳細

111007_1056~01.jpg
私が関西での定宿にしている従姉妹のマンションは、京阪古川橋駅近くにある。
駅からマンションまで、幸福町通り商店街を歩く。
その、一角に居酒屋得助がある~
昨夜は手造り腕時計職人ニータさんと得助で飲んだ。
ニータさんは先月預けた時計をピカピカにして届けてくれたのだ。
皮のベルトも新しくなっていた~
私のお気に入り時計、ノーチラスの窓~とあだ名をつけた~が私の左手首にもどってきた。
得助は驚くべきお店なのだ。
毎朝、店の前を通るとき、新鮮な魚や貝などを車から降ろしている。
今日はホッキ貝が~サンマ、美味そう~
昨夜はタラの白子ポン酢があった~
次は天ぷらにしてくれないか?
ありません。
女の子がきっぱりと言う。
無理を言ったらいけませんよ~とニータさん。
とりあえず、板場に聞いてみて~
出来るそうです~
ほらね~
ほんの一時ではありますが幸せになれた、時計職人と陶芸家でありました~
どんな商売でも、大切なことだと思うのだが~
人を幸福にしてこそ、お客が得をしたなあ~と感じてこそ、いい仕事であり、いい商売なのだと思うのだ。
なかなか、思うように、物が売れない時代だからこそ大事なことかもしれない~
きっと、お客が得して、みんなが助けられて、幸福になるように、得助という屋号なんじゃないかな~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る