記事の詳細

111003_1115~01.jpg
九州 川のワークショップin球磨川は大成功にして、無事に終了した~
思えば、開催が決定したのは、一年前~
実行委員会を立ち上げたのが春~
ずっと、準備に追われてきた。
球磨川らしい、ワークショップにしてくれと言われ~
一番、こだわったのは会場だ。
川辺川の畔の、小さな体育館を使った。
普通なら、市民ホールとか、もっと立派な会場を選ぶこともできた。
私達がこだわったのは、川が見える、川に触れることのできる会場だった。
結果から言えば、ベストチョイス!
九州の川の仲間達に、この美しい川辺川を見てもらえた。
子供達にはカヌー体験もしてもらった!
地元の物産販売ブースも用意していただき、好評だった。
内容も、とても充実したものとなった。
約半数は球磨川水系地元からの発表だった~
人吉の小学生たちによる、町中の人工河川~御溝の歴史と自然の調査~
これからも毎年、取り組んでいくのだとか~
タガメが生き残る、稀少湿地となった、山間放棄田の生体調査
会場に展示された、タガメやゲンゴロウの水槽は来場者の注目の的であった。
参加者選好投票一位は地元、球磨工業高校のマイクロ水力発電器の研究成果の発表が獲得~
交流会では、沢山の蔵元に提供いただいた、球磨焼酎と鮒田氏がとった天然鮎が好評~
なにより、実行委員のそれぞれの、得意分野での行動と気配りが充実していたのだと思う~
会場を提供いただいき、バックアップいただいた相良村、村長はじめ、職員のみなさん、茶湯里の支配人、スタッフのみなさんに感謝である。
今夜の宮崎発フェリーで大阪へと向かう~
明日から、京都のギャラリーにしかわでの個展だ。
まだ荷造りは終えていない~
気持ち切り替えて、お仕事~お仕事~

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る