記事の詳細

130619_1414~01.jpg
山間の谷川沿いに立ち並ぶ、湯治温泉街~
水俣は海辺の湯の児温泉が有名だが~
全て鉄筋コンクリート高層方ホテルにたてかわっている。
ここ湯の鶴温泉郷は水俣病事件が起きる前は、それはそれは賑わいを見せた観光地であり、湯治場であったらしい。
そのまんま、半世紀のときが流れて~
そのまんま、取り残された・・
奇跡のような、タイムスリップだ。
この原風景をのこしつつ、道を誤らなければ。
湯布院や黒川に劣らない、魅力ある温泉郷となるだろう~
建物が限界を迎えている処もかなりあるようだが~
初めて来たけど懐かしい・・・
そんな気持ちにさせてくれる、数少ない処・・
そういう価値観を大事にできたら・・・
そんなふうに思うのは、私が~
まんだら屋の良太世代だからか?

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ad

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

最近のコメント

カテゴリー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る